薬剤師になるには

薬剤師は、命に係わる仕事です。単にお薬を出しているのではなく、医師の指示の元、ミリグラム単位の細かな調合を行う非常に繊細な仕事です。その為、薬剤師は国家資格を取得している人だけしかなる事のできない難しい職業で、薬剤師の国家資格を取得するためには、薬学を学ぶ事のできる大学を卒業する事が最低条件になります。

薬学系の学科を設置している大学は国立、公立、私立とさまざまですが、どの大学を選んだとしても、国家試験を受けるために必要なのは6年制のカリキュラムを修了することになっているので、通常の4年では国家試験を受講する資格を得る事ができません。しかし、薬剤師には、医師や歯科医師が作成した処方箋を正確に把握し、処方箋に基づいて薬を調合する非常に責任ある仕事を行う事になるので、しっかり6年制の学校で決められた「カリキュラムを勉強する必要があります。

薬の準備や、調合する行為自体は、法律の面から見ても薬剤師にしか認められていない行為ですので、高齢化社会の日本において、これからも薬だけでなく、医療全般に関する幅広く正確な専門知識が求められるといきますので、大学受験時点でしっかりと意志を固めておく必要があります。