在宅訪問の流れ

薬剤師の在宅訪問は、すぐに電話したら来てくれる物ではありません。そこでこのページでは薬剤師の在宅訪問を利用するには、どのような手順が必要かを紹介させて頂きますので、これから薬剤師の在宅訪問を利用しようとお考えの方は、是非、参考になさってください。

薬剤師の在宅訪問を利用したい場合には、最初にかかりつけの病院の担当医に相談するか、ケアマネージャーに相談する事からはじまります。症状によっては病院でしか治療できない症状もありますので、自分勝手な判断はせずにしっかり担当者の意見を聞いてください。担当者の許可が出ると、薬剤師の在宅訪問についての説明を受ける事になります。この説明で薬剤師の在宅訪問について詳しく説明してもらえるので、重要な部分をメモするなどしてしっかり聞いてください。また、疑問点などはこのタイミングで質問しておきましょう。

担当者から薬剤師に指示が行き、患者にあった薬を調合してもらいます。例えば粉末状の薬が苦手などと伝えておくと、それに合わせてカプセルに入った物などにしてもらえますので、担当医に自分の状況をしっかり説明しておく事が重要になります。薬が調合できたら、調剤した物を持って、自宅か自宅付近の施設に薬を運んでくれます。訪問された際に、これまでの薬の飲み方や、飲み忘れによる薬の残っている量、体調の変化や副作用について聞かれます。訪問がある前にしっかり現状を確認してください。

訪問が終ったら、薬剤師は担当医に症状を説明します。この内容によって、次回も訪問で大丈夫か、通院が必要かや、薬の変更などが決められます。訪問の日時は、患者や同居している家族に合わせて決める事ができるので、興味がある方は一度相談してみてください。

薬剤師の在宅訪問

最近では、自宅にいながら薬を届けてもらえる薬剤師の在宅訪問を利用される方が増えて来ています。薬剤師の在宅訪問とは、病院や調剤薬局に行くことが難しいご年配の方が、自宅や近所の施設に薬剤師を呼び、処方箋を元に調合した薬を届けてもらえるサービスの事です。

薬剤師の在宅訪問は、ただ薬を届けるだけではありません。訪問した時には、前回まで処方された薬が正しい時間に、正確に飲まれているかや、飲み忘れが無いか。また、薬を飲んだ事による不調などの副作用がでていないかなど、細かくチェックしてもらえるので、病院に通院した時のような質の高い健康チェックを行ってくれます。薬剤師の在宅訪問した内容は、指示をしてくれた担当医に報告され、状況を共有する事ができます。

症状が良くならない方の中には、薬をしっかり飲まれていない方も大勢います。そのため、薬剤師の在宅訪問で、患者さんの残薬量や、普段の生活環境をしっかり正確に把握する事で患者さんだけでなく、同居している家族にもアドバイスができ、より高度な治療を進めながら、家族の不安を取り除く事ができます。

もちろん処方する薬は、担当医から直接指示を受けた物を渡してくれるので、錠剤が飲みにくい場合には、砕いて粉にしたものを用意したり、服用時間が食前、食中、食後とバラバラの場合には、間違えないようにきちんと袋にまとめ、飲み忘れ、飲み間違いを防止するような心づかいもあります。それこそ、患者によって、同じ病状でも症状や個人の体格、体力はことなりますので、ひとりひとりに合わせて調剤した物を処方してくれます。このサイトでは、みなさんにも是非知っておいて欲しい薬剤師についての情報を紹介しています。これから薬剤師の在宅訪問を利用しようとお考えの方や、将来的に薬剤師になろうと「思っている方におすすめの情報もまとめておりますので、チェックしてください。